ginsengisnotnecessaryのブログ

XM(xmtrading)でMT4やEAの設置でお困りの方へ

入出金方法

入金の説明

国内のFX業者と大きく違うのが、入出金についてです。 国内のFX業者は、銀行のような感覚で利用できますが、国内も海外もFX業者は銀行ではありません。 銀行を介して資金のやりとりをするのは同じですが、海外はどうしても時間差ができてしまいます。 その点を考えると、入金方法一覧では下記をおすすめします。

  1. クレジット、デビットカード入金
  2. 銀行入金
  3. bitcoin

f:id:ginsengisnotnecessary:20170621182753p:plain

出金の説明

海外FXを始めようと思っている方が一番気がかりなのは、出金についてではないかと思います。 為替というお金を扱っているので、一見銀行のような感覚になってしまいますが、為替という商品を購入すると考えると、仕組みを理解しやすいかもしれません。 まず、入金したお金で為替を買うので、出金するときは、入金した金額までは返金という形で処理をされて戻ってくることになります。そして、それ以上の増えた利益の分はお好みの出金方法で出金する形になります。なので、出金(返金)することを考えた上で入金方法も選んだほうがよいということになります。

クレジットカードによる入出金

一番オススメの入金方法はクレジットカードです。商品購入の形で処理をされるので、ショッピング枠しかないカードでももちろん大丈夫です。入金も出金も即時反映されます。(出金については、明細上は即時ですが、実際に手元にお金が戻るのは、各種カード会社の返金規約により差があります。)入金した額までの返金については何の問題もありませんが、それ以上の出金には対応していないので、利益の出金時は他の方法になります。ひとつ注意点としては、信販系クレジットカード会社に多いのですが、商品キャンセルの返金を、その後のクレジットカード使用額と相殺していく規約になっているカード会社では、現金で返金してもらいたい時に、連絡をとって銀行振込手数料をこちらで負担しなければなりません。普通遅くとも2週間ほどで(締め日によりますが)引き落とし口座に戻り手数料もかからないので、予めキャンセル返金の規約を確認してからの使用をおすすめします。

デビットカードによる入出金

ここでの説明によるデビットカードとは、銀行のキャッシュカードをデビットカード利用するということではなく、VISAなどクレジットカード会社発行の銀行と紐付されたもののことです。キャッシュカードのように審査もなく発行されますし、入金、出金も即時反映され、銀行口座にある預託金以上の金額を使うことはできませんので、使いすぎる心配もありません。出金はやはりキャンセル扱い分の返金となりますので、利益の出金は他の方法を選択することになります。

銀行による入出金について

三井住友銀行での入出金になります。上記までの方法が入金も出金も$5(米ドル)からできるのに対し、銀行入金は1万円~、銀行出金は2万円~と少し使いづらくなります。海外送金なので少し時間がかかりますが、確実に処理はされているので大丈夫です。銀行を使う場合は、名前の後に口座番号をつけるのをお忘れなく、入金後にXMサポートにメールもしておきます。

口座に入金が反映してない

ほとんどありませんが、各入金方法の所要時間の目安を過ぎても口座に反映されない時は、会員ページより、[サポート]にリクエストで問い合わせをします。24時間以内(営業日)には対応されます。

 

続いてそれぞれの入出金方法へすすみます。