ginsengisnotnecessaryのブログ

XM(xmtrading)でMT4やEAの設置でお困りの方へ

アンインストール手順

MT4をアンインストールする

ここでは、MT4のアンインストールの手順を説明します。

PCのスタートアップから、[すべてのプログラム]をポイントすると、インストールしたXM MT4-1があるので、クリックします。

メタトレーダーアンインストール1

[Uninsall]の項目をクリックすると、ファイルを実行するか聞かれるので、アンインストールする場合は、[実行(R)]して下さい。

メタトレーダーアンインストール2

これでアンインストールされます。

よくあるトラブル

よくある失敗の対処を紹介します。

メタトレーダーアンインストール3

インストールの時に“Cドライブ”や“User”の下に入れようとして、インストールフォルダを書き換える際に“¥XM MT4”というフォルダを書き忘れてしまうと、MT4のフォルダのなかみがバラバラに入ってしまいます。そうなると、アンインストールをしても正常に終了せず、いくつかのファイルが残ってしまいます。その時は残ったファイルを見つけて削除をしていくことになります。以下がMT4の構成ファイルになります。

メタトレーダーアンインストール4

大抵アルファベット順にバラけてますので、Cドライブに入れた方はCドライブを、Userに入れた方はUserのフォルダ内を探して消して下さい。

MT4で注文&決済

MT4の注文、決済方法

ここでは、XMのMT4を使って、FXの注文や決済をする手順を説明します。

FXの注文、決済方法

はじめにFXの注文、決済方法を簡単に説明したいと思います。

注文を出す価格は2種類

Ask 通貨を「買う」ときの値段
Bid 通貨を「売る」ときの値段

AskとBidの差をスプレッドといい一般的にFX業者の利益とされています。

注文方法は2通り

成行注文 市場の今の価格に任せて売買をする。 売買がすぐに成立するが、注文の直前に価格が大きく変動し想定外の売買をするリスクがある。
指値注文 価格を指定して、その価格に達したら売買をする。 指定した価格に達するまで、売買をしないリスクがある。

どちらの注文方法で持ったポジションでも、決済は成行と指値どちらでもできます。

指値には2つの注文方法

指値  現在の価格の上に売り注文、下に買い注文を出すときに使う
   現在の価格よりも高値を売りたい、安値を買いたい場合
指値  現在の価格の上に買い注文、下に売り注文を出すときに使う
   価格が上がってきたら買いたい、下がってきたら売りたい場合

成行で注文する

MT4を起動後売買したい通貨ペアのチャートを表示させて、チャート上で右クリック→[注文発注]をポイント[新規注文]をクリック。 (画面はデモ口座ドル円1時間足を使用しています。)

XMメタトレーダー4発注画面1

注文の発注画面が開くので、[成行売り]をクリック

MT4発注画面2

ロット数のおさらい

画面一番上の項目“通貨ペア”=発注する通貨ペア その次の項目“数量”=注文する単位、ロット数です。

口座種類 1ロット 0.1ロット 最小サイズ(0.01)
マイクロ口座 1000通貨 100通貨 10通貨
スタンダード口座 10万通貨 1万通貨 1000通貨
MT4発注画面3

注文の処理で[OK]をクリック

[ターミナル]の[取引]タブに売りポジションが入りました。

MT4発注画面4

補足:ワンクリックトレード

ワンクリックトレード画面では、たった一回のクリックでポジションを開くことができます。ポジションを閉じたい場合は、手動で閉じる必要があります。(ターミナル上の閉じたいポジションの上で右クリック) ワンクリックトレードを有効にするとウィンドウはチャートの左隅に表示されます。 ウィンドウを閉じたい場合はワンクリックトレード画面上で右クリック。再び[ワンクリックトレード]の項目をクリックして下さい。

ワンクリック取引発注画面

成行で決済する

ターミナルにある成行で発注した売りポジションの右端の×をクリックすると、そのポジションを閉じる(決済する)ことができます。 MT4インストール後、初めて操作すると以下のワンクリック取引同意画面がでます。これは、上記のワンクリックトレードとは違うもので、この機能を有効にするとターミナル上のポジションを閉じる場合や待機注文取消(指値で発注中の注文の取り消し)をクリック1回の操作で完了することができます。通常は2段階の手順になります。有効にしておく方が便利です。

メタトレーダー4

ターミナルの該当注文の右端×をクッリクで決済できます。

MT4ターミナル損益

指値で注文する

注文する通貨ペアのチャート上で右クリック→[注文発注]をポイント[新規注文]をクリックして“注文の発注”画面を表示させます。

MT4注文種別

“注文種別”の[成行注文]をクリックするとメニューがプルダウンするので、[指値または逆指値注文(新規注文)]の項目をクリックして選びます。

MT4発注画面

指値注文の種類

Buy Limit 指値買い Ask値より下に買い注文
Sell Limit 指値売り Bid値より上に売り注文
Buy Stop 指値買い Ask値より上に買い注文
Sell Stop 指値売り Bid値より下に売り注文

注文したい価格に合わせて選びます。現在値と整合性がないと注文が通りませんので気をつけて下さい

メタトレーダー4

“価格”欄を入力して[送信]をクリックします。

ストップレベルの確認

“現在価格から40ポイント圏内の注文は発注できません”とは 気配値近辺に注文が殺到し、サーバーに負荷がかかるのを防ぐため、通貨ペア毎にストップレベルが設けられています。(どちらのFX業者でも設けられています。)XMのドル円では、40ポイント=4銭です。ポイントとは、通貨の最小単位でドル円は小数点以下第3位までなので、1ポイント=0.1銭になります。 売り買い注文ともそれぞれ、AskとBidから40ポイント離して下さい。という意味なので、注文が通りませんという時は、こちらを見直してみて下さい。

メタトレーダー4

注文の変更または取消

待機注文の取消は、ターミナルの取り消したい注文右端の×をクリックすることで実現します。

注文を変更(決済や損切りを設定したり、その値を変更する場合)したい場合は、ターミナルにある該当する注文を選んで右クリック

メタトレーダー4

ウィンドウの[注文変更または取り消し]から変更します。

メタトレーダー4

IFDOCO注文をする

新規注文を現在の気配値から上がったら売る、下がったら買うなどのように、もし動いたらポジションを持つ指値注文を出すことをIFD注文といいます。、同時に利益確定価格と損失確定価格を設定することをOCO注文といいます。MT4では特に手順を変えなくても、注文の発注画面で価格を入力するだけで簡単に実現することができます。 例えば、現在のAsk値が121円のドル円を120円80銭になったら買い121円50銭になったら利益確定の売りを出すことにして、もしも思惑がはずれて120円50銭になったら、損失確定したい場合はこのようになります。

メタトレーダー4
  1. Ask値をもとに、40ポイント離して[価格]を決め
  2. “注文種別”で[Buy Limit]を選択
  3. “数量”で売買するロット数を入力して
  4. “決済逆指値(S/L)”に損失確定の価格を入力
  5. “決済指値(T/P)”に利益確定の価格を入力
  6. 有効期限を決める場合は、チェックを入れて
  7. [送信]をクリックします。
メタトレーダー4

ターミナルに利確と損切りの入った新規指値買い注文が待機注文として入りました。 (上段の注文は新規指値の売り注文で、S/LとT/Pの価格がありません)

IFD(OCO)注文を同じ価格で繰り返すことをリピートイフダンといい、一定幅に複数のリピートイフダンを設定することをトラップリピートイフダン(トラリピ)といいます。(損失確定は入れない場合が多く、想定したレンジ内は利益確定のみで、レンジをブレイクした場合速やかに全決済してポジションを片付けるのが定番です。) トラリピはMT4の機能である自動売買(エキスパートアドバイザー)で行います。

S/LとT/Pとは

S/L Stop Loss(ストップロス) 損切り値を設定すること
T/P Take Profit(テイクプロフィット) 利確値を設定すること

S/LとT/Pを設定するということは、どちらかの注文が約定するまで両方の注文が有効状態で、どちらか一方の注文が約定した時点でもう片方の注文が自動的にキャンセルになるということです。

メタトレーダー4

チャート画面上に破線で表示されています。

オフラインになったら

MT4の代名詞である自動売買システムは、エキスパートアドバイザーを常時起動させておくものなので、MT4を閉じたりログオフすると機能しなくなりますが、ターミナルの保有ポジションと待機注文は、MT4を閉じたりログオフしてもシステムに保存されています。(トレーリングストップを除く) 1度サーバーに出した注文は執行されますので、MT4をログオフ、PCの電源を切っても大丈夫です。EAで自動売買システムを稼働中は、MT4をログオフしたり閉じたりすると自動売買ができなくなります。

広告を非表示にする

MT4ターミナル操作

MT4操作画面の説明

ここでは、MT4の操作画面を説明します。

f:id:ginsengisnotnecessary:20170621192729p:plain

 

はじめに、画面の簡単な説明をします。

  1. 気配値表示
  2. ナビゲーター
  3. ターミナル
  4. チャート画面
  5. タイムフレーム

ターミナルでよく使うのは以下の3つです。

  • 取引・・・・保有中のポジションや予約注文の管理
  • 口座履歴・・過去の取引の履歴を表示
  • 操作履歴・・メタトレーダー上の操作履歴を表示

タイムフレームはチャートの時間軸です。

使用できる時間軸
M1 1分足    H1 1時間足
M5 5分足    H4 4時間足
M15 15分足    D1 日足
M30 30分足    W1 週足
         MN 月足



新規チャートの表示

[ファイル]メニューの[新規チャート]か、下図の赤丸部分をクリック。 通貨ペアが表示されるので、USDJPY。右に開いたウィンドウの一番下まで行きさらに下を表示させるため、▼をポイントすると、USDJPYがでてきます。

f:id:ginsengisnotnecessary:20170621192956p:plain

 

 

 
 
 
広告を非表示にする

取引方法

MT4とは?

MT4とは、MetaQuotes社が開発した取引用ソフトです。国内のFX業者でそのプラットフォームを採用してるところはあまりないのですが、国外のFX業者ではほとんどのところがMT4を取り入れています。OANDA JapanやFOREX.comでもMT4口座を扱っています。なので、MT4の操作方法を一度覚えてしまえばたとえFX業者をかえたとしても、取引プラットフォームの操作を1から覚え直す必要がなく効率的です。無料で配布されているソフトですが、チャート分析のインディケータも豊富でカスタマイズが容易にできます。また、EAというプログラムを使った自動売買機能も利用でき、さらにバックテスト機能までついています。

MT4インストールガイド

ここでは、取引プラットフォームであるMT4のインストールの手順を説明します。  (デモ口座、リアル口座とも共通の操作になります。) 口座で取引をするために必要なMT4は、端末にあわせて6つ用意されています。

  1. PC対応MT4 全てのWindowsベースのコンピュータ
  2. Mac対応MT4 全てのMAC OSベースのコンピュータ
  3. iPhone対応MT4 App Storeで入手可能
  4. iPad対応MT4 App Storeで入手可能
  5. Android対応MT4 Google Play Storeで入手可能
  6. タブレット対応MT4 Google Play Storeで入手可能

それぞれの端末にダウンロード後、インストールして使用します。

“XM MT4 Webtrader 4”と、“XM FX アリーナ WebTrader”につきましては、ダウンロード不要で、Webにアクセスしている端末から操作可能となっております。 こちらでは、“PC対応MT4” WindouwsベースのPCを対象に説明していきます。

MT4をダウンロードする

取引プラットフォームから対象項目の“詳細を読む”をクリック。

すでに口座開設済みの場合は会員画面よりログイン後か、メールからダウンロードして下さい。

f:id:ginsengisnotnecessary:20170621191836p:plain

ダウンロードします。

f:id:ginsengisnotnecessary:20170621192102p:plain

ダウンロード画面は端末によってちがいます。 “xm4setup.exe”というファイルを実行(ダブルクリック)します。

f:id:ginsengisnotnecessary:20170621192204p:plain

“はい、上記のすべてのライセンス条項に同意します” にチェックを入れて、[次へ]をクリックします。
使用承諾書

ここでインストールフォルダを変更したい方は[次へ]をクリックする前に、隣の[設定]をクリックして内容を変更して下さい。 “C:\Program Files\XM MT4”“プログラムグループ:XM MT4”(最初の設定)2箇所変更できます。 (MT4を複数台管理するため、一台のみという方は必要ありません)

PCインストールドライブ変更例

*“オープンMQL5.communityウェブサイト”のチェックは外してあります。 外さない場合、次の取引サーバーを選択する画面が出る前に、MQL5のサイトにつながります。内容をお読みになるか、必要なければ、×をしてウィンドウを閉じて下さい。

変更が完了したら、[次へ]をクリックします。 通信状況により時間がかかる場合があります。次の画面が表示されるまで、しばらく待ちましょう。

取引サーバーを選択する

サーバーを選択しますが、どれでもいいというわけではなく、口座開設メールで指定されたサーバーを選んで下さい。(指定されたサーバーがない場合は、口座開設のメールからMT4ダウンロードサイトへ行き、ダウンロードをやり直しましょう)

MT4サーバー選択

口座開設メールを見て正しく入力します。

口座開設メール

ログイン、パスワードなどは、コピー&ペーストをおすすめします。大文字と小文字は区別されますし、数字とアルファベットの違いもわかりずらいので。

MT4ログイン、パス入力

正しく入力したら、[完了]をクリック。

MT4トップ画面

画面左の「ナビゲーター」に情報が反映されます。

MT4ナビゲーター画面

「ナビゲーター」の「口座」を右クリックすることで、「デモ口座の申請」から新しいデモ口座をつくることができます。 また「Login to Trade Account」から開設している他の口座情報を登録して、1台のMT4で複数の口座管理もできます。

お疲れ様でした。これで、MT4のインストールは完了です。 インストールに失敗したり、アンインストールしたい方は、こちら↓

 
 
 
広告を非表示にする

銀行送金による入出金

銀行送金で入金する

会員ページへログイン番号(MT4の口座番号)とパスワードを使ってログインします。

f:id:ginsengisnotnecessary:20170621185250p:plain

“入金方法一覧”より、“Local Banks Japan”→[詳細情報]を選ぶと次の画面が表示されるます。

f:id:ginsengisnotnecessary:20170621185324p:plain

注意点を確認して、お使いの銀行より送金依頼をして下さい。

送金後に取引口座番号と送金額を留意点に書かれているメールアドレス宛てにメールして下さい。

参考までに・・・

こちらは、入金額まで返金手続きが終わったあとの、出金のための銀行送金のリクエスト画面になります。

f:id:ginsengisnotnecessary:20170621185520p:plain

f:id:ginsengisnotnecessary:20170621185545p:plain

SWIFTコードの欄には、あらかじめ使う銀行のコードを調べて入力します。銀行間通信網(SWIFT)において銀行を特定するコードで、8桁または11桁のアルファベット、数字で構成されています。

続いてMT4による取引方法へすすみます。

カードによる入出金

クレジットカードで入金する

会員ページへログイン番号(MT4の口座番号)とパスワードを使ってログインします。

 

入金ボーナスに当てはまる入金(初回や、入金総額が$4500に達していない場合)の[入金]をクリック。

XM会員ページ入金画面1

“入金方法一覧”より、“Credit/Debit Cards”→[入金]を選ぶと次の画面が表示されるので、“入金額(JPY)”に日本円で金額を記入して、[入金]をクリック。

f:id:ginsengisnotnecessary:20170621184515p:plain

内容を確認して、[確定]をクリック

f:id:ginsengisnotnecessary:20170621184555p:plain

カードの情報を記入します。 CVV2の欄には、セキュリティコード(カード裏面の署名欄あたりにある3桁の数字を記入します。カード番号の下4桁に続けてかかれているか、3桁の数字のみの場合が多いです。)

f:id:ginsengisnotnecessary:20170621184801p:plain

[入金]をクリックして完了します。手続き後即時反映されます。

クレジットカードによる出金

クレジットカードに入金額までを戻す方法を説明します。

会員ページより、“資金の出金”ボタンをクリックすると、“出金方法一覧が表示されるので、“Credit/Debit Cards”の[出金]をクリック。

f:id:ginsengisnotnecessary:20170621184925p:plain

“資金の出金-クレジット/デビットカード”画面になります。 口座IDと口座名(氏名)はすでに入力されているので、“出金額(JPY)”の項目に日本円で金額を入力、すぐ下のチェック項目を読んでチェックを入れてから[リクエストボタン]をクリックします。

f:id:ginsengisnotnecessary:20170621185034p:plain

出金優先手順の注意書き

出金優先手順注意書き画面

上記の通り入金した金額までは返金手続きとなり、全ての返金が完了すると、利益出金のための決済方法が選択できるようになります。

[リクエスト]後すぐにメールが届きます。

出金手続完了メール

続いてMT4による取引方法へすすみます。

 
 
広告を非表示にする

入出金方法

入金の説明

国内のFX業者と大きく違うのが、入出金についてです。 国内のFX業者は、銀行のような感覚で利用できますが、国内も海外もFX業者は銀行ではありません。 銀行を介して資金のやりとりをするのは同じですが、海外はどうしても時間差ができてしまいます。 その点を考えると、入金方法一覧では下記をおすすめします。

  1. クレジット、デビットカード入金
  2. 銀行入金
  3. bitcoin

f:id:ginsengisnotnecessary:20170621182753p:plain

出金の説明

海外FXを始めようと思っている方が一番気がかりなのは、出金についてではないかと思います。 為替というお金を扱っているので、一見銀行のような感覚になってしまいますが、為替という商品を購入すると考えると、仕組みを理解しやすいかもしれません。 まず、入金したお金で為替を買うので、出金するときは、入金した金額までは返金という形で処理をされて戻ってくることになります。そして、それ以上の増えた利益の分はお好みの出金方法で出金する形になります。なので、出金(返金)することを考えた上で入金方法も選んだほうがよいということになります。

クレジットカードによる入出金

一番オススメの入金方法はクレジットカードです。商品購入の形で処理をされるので、ショッピング枠しかないカードでももちろん大丈夫です。入金も出金も即時反映されます。(出金については、明細上は即時ですが、実際に手元にお金が戻るのは、各種カード会社の返金規約により差があります。)入金した額までの返金については何の問題もありませんが、それ以上の出金には対応していないので、利益の出金時は他の方法になります。ひとつ注意点としては、信販系クレジットカード会社に多いのですが、商品キャンセルの返金を、その後のクレジットカード使用額と相殺していく規約になっているカード会社では、現金で返金してもらいたい時に、連絡をとって銀行振込手数料をこちらで負担しなければなりません。普通遅くとも2週間ほどで(締め日によりますが)引き落とし口座に戻り手数料もかからないので、予めキャンセル返金の規約を確認してからの使用をおすすめします。

デビットカードによる入出金

ここでの説明によるデビットカードとは、銀行のキャッシュカードをデビットカード利用するということではなく、VISAなどクレジットカード会社発行の銀行と紐付されたもののことです。キャッシュカードのように審査もなく発行されますし、入金、出金も即時反映され、銀行口座にある預託金以上の金額を使うことはできませんので、使いすぎる心配もありません。出金はやはりキャンセル扱い分の返金となりますので、利益の出金は他の方法を選択することになります。

銀行による入出金について

三井住友銀行での入出金になります。上記までの方法が入金も出金も$5(米ドル)からできるのに対し、銀行入金は1万円~、銀行出金は2万円~と少し使いづらくなります。海外送金なので少し時間がかかりますが、確実に処理はされているので大丈夫です。銀行を使う場合は、名前の後に口座番号をつけるのをお忘れなく、入金後にXMサポートにメールもしておきます。

口座に入金が反映してない

ほとんどありませんが、各入金方法の所要時間の目安を過ぎても口座に反映されない時は、会員ページより、[サポート]にリクエストで問い合わせをします。24時間以内(営業日)には対応されます。

 

続いてそれぞれの入出金方法へすすみます。

 

広告を非表示にする